外壁塗装の色

家のリフォームにおいて外壁塗装は重要です。家の印象を大きく変えるからです。色選びには注意しないといけません。ここでは外壁塗装の色選びについて知りましょう。

・白や黒の注意点

 家の印象を綺麗に見せる事ができる白や黒は汚れが浮き立ちやすい色ですから注意が必要です。ですから実はあまり外壁には適していないのです。一般住宅の外壁は年月を過ぎるごとに風雨や大気中の汚れがどうしても付いてきます。

 ですから汚れが目立つ白や黒はしだいに家全体を汚らしく見せるようになって次の塗装時期を早めてしまうのです。それでも白や黒にこだわりたいのなら、白や黒の中でも比較的汚れの目立ちにくい馴染む色を選ぶ必要があります。経験に基づきしっかりとした仕事をしてくれる外壁塗装業者を選びアドバイスをもらいましょう。

・青や赤などの原色系について注意点

 赤色や青色などの原色系は段々と色が薄くなる事を知っておく必要があります。原色は紫外線の影響を受けやすく色褪せしやすいのです。色が薄くなると古びた家に見えます。建物も年数を重ねるごとに古くなるのですから、ある意味当然ですが、そのように見えるのが特に原色系では強めに出てきます。

 古く見えるのが嫌なら定期的に外壁塗装の手入れをするようにしましょう。
例えば、某漫画家の家の外壁は赤白のストライプ塗装で有名ですが、赤の部分は色褪せし易く、白の部分は汚れが目立ち易いと考えられます。一般的には外壁に原色を使う方は少ないでしょうが。

・景色の一部であるという意識

 自分の家も景観を構成する一要素である事は忘れてはいけません。周りの家が白系統で淡い色なのに、自分の家の外壁は派手な原色系の色にしてしまえば、周りとの調和に問題があります。

 これは絶対ではありませんが、できれば景観も損なう事が無いように周りと調和がとれる色にするといいでしょう。外壁の色をあまりにとっぴな色にすると近所の人に「景観を乱す家」と思われて近所付き合いに支障が出ないとも限りません。余計な摩擦は避けるに限ります。

外壁塗装の色選びには十分注意して後悔しないようにしましょう。
外壁塗装については家の外壁塗装が参考になります。

コメントは受け付けていません。