糖尿病でも保険に入りたいなら

糖尿病だけど、保険に入れるのかな・・・・なんて考えている人はいますか?
確かに、糖尿病だと、通院もしなければいけないし酷くなってくれば自分でインシュリン注射を打たなければならないほど大変な病気ですね。
そして、糖尿病だと、受け入れてくれる保険会社があまり無いのが今の現状です。
そのため、沢山の糖尿病の患者さんが「私はこれから保険に入れるのだろうか?」と不安になっていると思います。
ここでは、糖尿病で通院していても加入できる保険があるのかどうかをお話します。

まず、引受基準緩和型医療保険というものをご存知ですか?
この引受基準緩和型医療保険というのは、文字通り基準がとても緩い保険なのです。
どれくらい緩いのか、という事をお話したいと思います。
まず、告知しなければいけない項目は5~6個くらいなので、かなり少ないのです。
これだけ少ないと、なにか持病を持っている方でも、大いに入れる可能性が出てきます。

そして、糖尿病を持っていてしかも通院している患者さんでも、入れる保険なのです。
ただし保険料は割高なのですが、このあたりは理解していただけると思います。
糖尿病でも保険に加入したいと思っておられるなら、一度、生命保険相談サービスで保険相談される事をお勧めします。

癌保険の注意点

癌保険には、注意点があるのはご存知でしょうか?
中には知らない人もいるのではないでしょうか?
普通の保険と癌保険には違うところがあります。

普通の保険と違うところは、「癌保険に加入してすぐ癌が見つかっても適応されない」という所です。それでは、少し詳しくお話していきますね。

癌保険に加入して1ヶ月経ったとき、あなたに癌が見つかったとします。
そこで「癌保険に加入しているから安心!」とはなりません。
その時、保険はまだ適応されないのです。
なぜ癌保険に入っているのに保険が適応されないのでしょうか?
その理由は、癌保険というのは保険に加入してから一定期間が過ぎないと適応されないシステムになっているからなのです。

では、一定期間とはどれくらいの期間なのでしょうか?
一般的には「90日」は保険が適応されない期間なのです。
なので91日目からは、普通に保険が適応されます。

なので、その事を覚えていなくて2ヶ月より前に癌が見つかってしまったら保険は適応されずに全て自分で治療費を払わなければいけなくなってしまうのです。
生命保険 任意保険ならこちら

癌保険は絶対必要?

癌保険に加入している人は、普通の生命保険に加入している人よりも少ないのが現状です。
それは、何故でしょう?
理由は簡単なんです。ただ単に「私は癌にならないと思う!」って人が多いからなんです。
私はいつも、その自信は何処から出てくるの?と思ってしまいます。

どうして、そう思うのかを聞いてみると
・身近な人にに癌の人が居ないから癌になる人ってそんなに居ないんじゃない?
・癌になるのってお酒とかタバコとかが原因なんじゃないのかな?
なんて答えが返ってきます。

では、実際はドレくらいの人が癌になっているのでしょうか?
なんと「3人に1人は癌になっている」のです。
つまり、5人家族ならその中で1人は癌になっていても可笑しくはないのです。

あなたが想像しているよりとても多くはありませんか?
この結果を見たら癌保険が必要だと感じる人がたくさんいると思います。もし、癌になってしまった時とても高い治療費を出さなければいけないことも考えてみてください。

自ずと「癌保険に入ろう」という気になりませんか?
保険見直しと保険相談がいいですよ。

癌保険がある理由

皆さんは、なぜ、癌だけに対応している保険があるのか知っていますか?
普通の保険には加入しているけれど、癌保険には加入していない人が多く見られます。
ここでは、癌保険がある理由をお話します。

まず、癌は他の病気よりもとてもたくさんのお金が必要になります。
どれくらい必要かというと一年で10000万円以上かかってしまう事があるくらい高額なんです。
放射線治療という物は聞いたことがある人もおおいのではないでしょうか?
その一回の治療費はいくらかかると思いますか?
副作用が低くてよく効く物だと300万円以上かかってしまう物まであるのです。
そんなに高額な治療費をあなたは保険なしで出す事が出来ますか?
難しいという人が多いと思います。

次に、癌は治ったと思っていてもまた同じところあるいは違うところに出来てしまう確立が
とても高い病気なのです。
何度も何度も入院して治療してを繰り返すとどれだけの治療費がかかりますか?
あなたは、高い入院費と治療費を何度も何度も払うことができますか?
やはり、難しい人が多いのではないでしょうか?

このように、治療費が高い事と何度も癌が出来やすい事から
癌保険という癌専用の保険が必要とされているのです。
保険無料