外壁塗装の色

家のリフォームにおいて外壁塗装は重要です。家の印象を大きく変えるからです。色選びには注意しないといけません。ここでは外壁塗装の色選びについて知りましょう。

・白や黒の注意点

 家の印象を綺麗に見せる事ができる白や黒は汚れが浮き立ちやすい色ですから注意が必要です。ですから実はあまり外壁には適していないのです。一般住宅の外壁は年月を過ぎるごとに風雨や大気中の汚れがどうしても付いてきます。

 ですから汚れが目立つ白や黒はしだいに家全体を汚らしく見せるようになって次の塗装時期を早めてしまうのです。それでも白や黒にこだわりたいのなら、白や黒の中でも比較的汚れの目立ちにくい馴染む色を選ぶ必要があります。経験に基づきしっかりとした仕事をしてくれる外壁塗装業者を選びアドバイスをもらいましょう。

・青や赤などの原色系について注意点

 赤色や青色などの原色系は段々と色が薄くなる事を知っておく必要があります。原色は紫外線の影響を受けやすく色褪せしやすいのです。色が薄くなると古びた家に見えます。建物も年数を重ねるごとに古くなるのですから、ある意味当然ですが、そのように見えるのが特に原色系では強めに出てきます。

 古く見えるのが嫌なら定期的に外壁塗装の手入れをするようにしましょう。
例えば、某漫画家の家の外壁は赤白のストライプ塗装で有名ですが、赤の部分は色褪せし易く、白の部分は汚れが目立ち易いと考えられます。一般的には外壁に原色を使う方は少ないでしょうが。

・景色の一部であるという意識

 自分の家も景観を構成する一要素である事は忘れてはいけません。周りの家が白系統で淡い色なのに、自分の家の外壁は派手な原色系の色にしてしまえば、周りとの調和に問題があります。

 これは絶対ではありませんが、できれば景観も損なう事が無いように周りと調和がとれる色にするといいでしょう。外壁の色をあまりにとっぴな色にすると近所の人に「景観を乱す家」と思われて近所付き合いに支障が出ないとも限りません。余計な摩擦は避けるに限ります。

外壁塗装の色選びには十分注意して後悔しないようにしましょう。
外壁塗装については家の外壁塗装が参考になります。

債務整理無料相談とは

債務整理というものをご存知でしょうか。
この方法を使えば、返せるあてのない途方もないような借金を減額し、返済していくことが可能です。
知識があれば自分で手続きをすることも可能ですが司法書士や弁護士に依頼して、債務整理をしていくのが一般的です。
依頼料を支払ってでも、借金を減額するだけの価値はある、ということです。

もちろんこのような処置をするのはすぐに返せてしまうような金額での借金ではありません。
払っても払っても利子だけ膨らんでいくような膨大な借金で且つ多数の金融会社から借金をしている多重債務者に限ります。

金利の高い金融会社に、複数箇所借金をしてしまうと時間が経てば経つほど、借金額は膨らんでいってしまいます。
債務整理をするのであれば、できるだけ早く。
追い詰められる前に手を打つ方が良い結果になります。
返せるあてのないお金を借りるのはいいことではありません。
しかし借金問題だけで、人生を棒に振るのはもったいないことです。
迷っているならぜひ、一度相談だけでもしてみて損はないと思います。

それでは債務整理で借金が減る仕組みとはどんなものでしょうか。
もちろん闇雲に借金の減額を要求しても通るはずがありません。
借金をする際に、不当にかけられた高い金利に注目して借金の減額を図っていきます。
金利はお金を借りる金融機関によってまちまちで銀行系なら8~18%、信販系や消費者金融なら29.2%とされていますが、中には闇金といって、さらに法外な利子をつけてお金を貸し出すところもあります。
そんなところで、多額の借金をしてしまえば、短期間で利子だけがどんどん膨らみ返せるのは利子分だけ…一向に借金が減らないという事態に陥ります。
そこで債務整理の出番です。

100万円以下の借金なら、法律上利息は18%が上限。
これ以上に要求された不当な利息をカットし、今まで払ってきた余分な利息分も正規の利率で借りた金額分として、借金の返済に当てることが可能です。
中には、これで借金がなくなる人もいます。
債務整理なんて言葉を耳にすると、小難しいですし結局は依頼先に過剰な金額を要求されるだけというイメージもあるかもしれませんが今では地域ごとに無料相談にのってくれるような窓口もあるようです。債務整理無料相談ランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか。