海外旅行保険の補償

海外旅行保険ってケガや病気に関する支払いが多いみたいで、 実際に加入される方もケガや病気に関する補償が 欲しくて加入される場合が多いみたいですけど、それだけではないんですよ。

例えば、旅行先で何かものを壊してしまった時の補償。お土産屋さんとかで割れ物とかを大量に割ってしまって、支払いを請求された場合などは、その支払額を補償してくれたりします。

またよくあるのが、物を壊された時。
飛行機の手荷物を預けた際に、スーツケースのカギを壊されたり、スーツケースの扱いが悪くて傷がいったりへこんだり。
そういった場合にも、海外旅行保険はきちんと補償してくれるんです。

スーツケースだけではなくて、他の持ち物に関する破損や盗難についても補償されます。
又、海外便の乗り継ぎなどの際に、搭乗予定の飛行機が遅延したり欠航になった場合、 急遽現地に宿泊しなくてはならなくなった場合など、代替え便の交通費や宿泊費なども補償してもらえます。

航空会社に責任がある場合は航空会社が補償してくれ足りする場合もありますが、例えば空港に向かうバスが遅れて飛行機に乗り遅れてしまい、別便に乗り換える為に、乗り換え地が変更になる為、 そこまでの交通費が別途発生してしまった場合など。 海外旅行にはいろんなトラブルがつきものです。
そんな時にも補償してくれるのが海外旅行保険なんです。
保険の関連サイト

体験談、家具の保険

皆さんの中に、家財保険に加入している人はいるでしょうか?
私が働いていたお店でお客様に聞いたお話です。
東日本大震災の時に、家財道具が壊れてしまったお家がたくさんありました。
家財保険に加入していなかったら全て自分で買い換えなければいけませんでした。

家財保険に入っていた人で、こんな人がいました。
「この際全て、家財保険で買い換えちゃえ!」
その人は、テレビ・冷蔵庫・レンジ・オーブン・炊飯器・エアコン・ストーブまでもを家財保険で新しくしたというのです。
皆、どうやって?とその人の話に耳を傾けました。

すると、壊れてしまったものはもちろん新しく出来るし壊れていないものは自分で傷を付けて写真に残しておいた!と意気揚々と話し出したのです。
傷しか付いていないものはリサイクルショップに売ればお金になるといった時は呆れてしまいました。

家財保険に入っていて、壊れたものが変えられるのはとてもいい事だと思うのですが
こんな使い方をしている人もいるという事を心のどこかに覚えていてほしいです。
決して、そのような使い方をするために家財保険があるのではありません。
保険相談は無料