75歳から保険は2割負担

注目

保険の有効活用。 あなたはきちんと管理していますか?? まぁ、出切るだけ使いたく無いのはみんな一緒でしょう。
保険を使うイコール、体に異変が起きている。 決してプラスではないという事です。 でもってお金の出費も付いてきますよ。

保険の負担額。 そこそこありますよね。
病院代って結構する。 体の危険信号が出ているので、ケチるわけにはいきませんね。

ちょっとした風邪とかだったら、 市販の薬で治るでしょうけど、目や歯など、 専門的になるとそうもいきません。 自力で治すのは不可能。
即座に病院になるでしょう。

ちょっとしたことでも保険を有効に。 出切るだけ自己負担額を減らさないと。
そんな負担額も、75歳を超えると2割負担。 まだまだ負担はあるけれど、それでも少しは減ったというありがたさ。
とは言え、むやみに病院もね。
保険の存在。 保険証があるって大事なこと。 自分の証明にもなるし、管理はきちんとしましょうね!

社会保険もいいけれど生命保険、気にしていますか?
生命保険加入をお考えなら無料の生命保険相談がおすすめですよ。保険相談のよさげなサイト見つけました。

一般庶民の保険は3割負担

社会保険? 正社員でしっかり働いていると、 会社からなにも契約しなくても加入する仕組みとなっています。なので、保険証とい物体が手元にあるのですよ。

フリーターさんなんかは、きちんとした保障に入っていないため、 保険証が存在しません。 保険の存在が無いのです。なので、病気にかかったりと、 病院に行く事になると、自腹で総額負担となってしまいます。

病院代ってそれが結構するんですよね。 10割負担になると、予想外な金額にも。一般的には3割負担。 それでも、ビックリする金額になっている事もあるので、 ドキドキもんですよ。

ちなみに、地域によって違ってくるでしょうが、 小さな子供はどんだけかかっても500円で見てもらったりと、 国からの補助があるのでありがたい。3割でもそこそこ支出はありますよね。 歯医者1回いくだけで結構します。でもでも、そこは譲れません。保険の負担は3割。 そういい聞かせて、早く治しましょう。出切るだけ、病院には無縁でいたいですね。

ところで生命保険入りっぱなしではありませんか?保険見直しで保険料がぐーんとお安くなる可能性があるのをご存知ですか?保険相談はもちろん無料です。
今まで保険見直し相談をされたことが無い方は一度利用してみてはいかがでしょうか?保険見直し相談はもちろん無料です。

任意保険 車今すぐ見積もり
車の任意保険は一括見積もりで!一番安い車の任意保険がわかります。

がん保険について

医療保険とは別枠で「がん保険」がありますが、 それはなぜなのでしょうか。
がんになってしまった場合、 入院や治療を行った際に医療保険から支払いが行われないわけではありません。

だた実際がんの治療をするために必要な資金が、医療保険のみでは足りないケースが多いということです。
がんは通常の病気に比べて(その病気にもよりますが)、 入院や通院期間が長くなることがほとんどですし 治療している間に働けなくなることも覚悟しなくてはなりません。
そういった場合、医療保険では入院・通院期間に上限がありますし、 収入保証がないためがん治療に対して十分ではありません。
その点でがん保険は入院・通院期間が無期限で保証されるものがほとんどですし 診断給付金も支払われるので、 病院への支払いで一時的に大きな金額が必要になった際にも役立ちます。
保険の支払いは後日申請した後に行われるため、手元にお金が必要になることがあります。)
収入保証保険としての役割を果たしてくれるものもありますので、 治療が長引いたり、再発して十分に働けなくなったときにでも 安心して治療に専念することができます。

国民の3人に一人がかかる病気とされているがんです。 将来に備えて検討してみる価値はありそうですよね。

過払い金請求の相談で過払い金を取り戻しましょう。

学資保険

こどもが産まれてバタバタしているころ、お義母さんから「お祝いのお金はどうしているの?ちゃんと貯金しなくちゃね。」と連絡がきました。

確かにこのまま手元に持っていては何かと用途が発生していつの間にかなくなってしまいそう!
すぐに口座を作って貯金しに行くと、銀行の方から「お子さま向けなら、学資保険にも加入しておくといいですよ。」と勧められました。

その時はとりあえず口座を作っただけで、帰ってきたのですが確かに自分で毎月決めて貯金するにしても、ちゃんと続くかどうか…。
こどもの教育費は確実にこれから家から出ていく費用なので時期がくるまでに一定金額貯めておくことが必要です。

もちろんキチンと管理できるのであれば、貯金やその他の方法もアリだとは思うのですが私たち夫婦はそこまでお金の管理が上手くできる方ではないと思ったため
学資保険に加入することにしました。
学資保険は少しではありますが利息がついて返ってきますしこどもの年齢や進学に合わせて、返金されるようになっているのでいざその時が来た時にも対応がしやすいと思ったからです。

我が家は保険相談のファイナンシャルプランナーさんの勧めで学資保険というカタチではなく夫名義の生命保険というカタチで加入しましたが用途は学資と同じようにするつもりです。最近では保険相談で商品券キャンペーンをやっているところもあるのでそういうところで保険相談するのも良いですね。

糖尿病でも保険に入りたいなら

糖尿病だけど、保険に入れるのかな・・・・なんて考えている人はいますか?
確かに、糖尿病だと、通院もしなければいけないし酷くなってくれば自分でインシュリン注射を打たなければならないほど大変な病気ですね。
そして、糖尿病だと、受け入れてくれる保険会社があまり無いのが今の現状です。
そのため、沢山の糖尿病の患者さんが「私はこれから保険に入れるのだろうか?」と不安になっていると思います。
ここでは、糖尿病で通院していても加入できる保険があるのかどうかをお話します。

まず、引受基準緩和型医療保険というものをご存知ですか?
この引受基準緩和型医療保険というのは、文字通り基準がとても緩い保険なのです。
どれくらい緩いのか、という事をお話したいと思います。
まず、告知しなければいけない項目は5~6個くらいなので、かなり少ないのです。
これだけ少ないと、なにか持病を持っている方でも、大いに入れる可能性が出てきます。

そして、糖尿病を持っていてしかも通院している患者さんでも、入れる保険なのです。
ただし保険料は割高なのですが、このあたりは理解していただけると思います。
糖尿病でも保険に加入したいと思っておられるなら、一度、生命保険相談サービスで保険相談される事をお勧めします。

傷害保険を知っていますか

あなたは、傷害保険を知っていますか?
多分、多くの人がきいたことがあり、実際に加入しているという人も、それなりにいるのではないかと思われる保険です。

この傷害保険ですが、一口に「傷害」といっていますが、実際にじゃあどんなものなのかと言われればきちんと答えられない人もいるのではないでしょうか?
ここでは、その「傷害」とはどんな物なのかをお話します。

では、まず傷害保険の傷害は「急に」起きた怪我に対応してくれるものなのです。
じわじわと起こっていた怪我では保険はおりません。

次に大切なのは、「偶然」です。
意図的に怪我をした場合には、保険金は下りないので注意が必要ですね。
稀に、リストカットをして、傷害保険をの保険金を受け取ろうとするひとがいるようですが、そんなことをしても、保険金はもらえません。

そして、原因~過程、そして結果がついているものでなければ保険金をうけとる事は難しいのです。
なので、気の根っこに躓いて、転んで、骨折をしたなどという場合には保険金がでますが、喧嘩をして殴られて、骨折したという場合には保険金は出ないのです。
保険金を受け取るにも保険の情報が大事ですね。

保険の体験談

保険の勧誘をしている友人がいます。
その人はしてはいけない事をしてしまいました。

保険の勧誘をされるのは、煩くていや!という人がおおいのではないでしょうか?
実際、私もそのうちの一人だったりします。
ですが、友人だったり良くしてもらっていたりしている人だと、ニコニコと聞いてあげてしまうという人もいるのではないですか?
その日は、私ともう一人の友人と私の家でお茶をしていました。
しばらくは楽しくお話をしていたのですが、いつの間にか保険の勧誘のお話になってしまいました。

もう一人の友人はよほど勧誘が嫌なようでその日はすぐに帰ってしまったのですが勧誘している友人はずっと私の家でお話をしていました。
一通り勧誘の話が終わり、私がそのお話を断ると、「そお?いいお話なのに・・・」と不服そうでした。

そして、私がお手洗いに立ち友人の所に帰ってくると今日はもう帰るといい、友人は帰って行きました。

すると数日後、入った覚えのない保険会社から保険料の振込みをするようにと手紙が来ていました。訳が分からず電話をしてみると、友人の紹介で保険に加入したと言うのです。
必要な書類も、全て友人を通してもらったと・・・

友人は、私がお手洗いにたった隙に引き出しから私の判子を持っていったらしく勝手に契約していたのでした。

親しい友人でも、そのような事があったので、みなさんも気をつけてください。
保険加入前なら保険相談してみてください。