糖尿病でも保険に入りたいなら

糖尿病だけど、保険に入れるのかな・・・・なんて考えている人はいますか?
確かに、糖尿病だと、通院もしなければいけないし酷くなってくれば自分でインシュリン注射を打たなければならないほど大変な病気ですね。
そして、糖尿病だと、受け入れてくれる保険会社があまり無いのが今の現状です。
そのため、沢山の糖尿病の患者さんが「私はこれから保険に入れるのだろうか?」と不安になっていると思います。
ここでは、糖尿病で通院していても加入できる保険があるのかどうかをお話します。

まず、引受基準緩和型医療保険というものをご存知ですか?
この引受基準緩和型医療保険というのは、文字通り基準がとても緩い保険なのです。
どれくらい緩いのか、という事をお話したいと思います。
まず、告知しなければいけない項目は5~6個くらいなので、かなり少ないのです。
これだけ少ないと、なにか持病を持っている方でも、大いに入れる可能性が出てきます。

そして、糖尿病を持っていてしかも通院している患者さんでも、入れる保険なのです。
ただし保険料は割高なのですが、このあたりは理解していただけると思います。
糖尿病でも保険に加入したいと思っておられるなら、一度、生命保険相談サービスで保険相談される事をお勧めします。

傷害保険を知っていますか

あなたは、傷害保険を知っていますか?
多分、多くの人がきいたことがあり、実際に加入しているという人も、それなりにいるのではないかと思われる保険です。

この傷害保険ですが、一口に「傷害」といっていますが、実際にじゃあどんなものなのかと言われればきちんと答えられない人もいるのではないでしょうか?
ここでは、その「傷害」とはどんな物なのかをお話します。

では、まず傷害保険の傷害は「急に」起きた怪我に対応してくれるものなのです。
じわじわと起こっていた怪我では保険はおりません。

次に大切なのは、「偶然」です。
意図的に怪我をした場合には、保険金は下りないので注意が必要ですね。
稀に、リストカットをして、傷害保険をの保険金を受け取ろうとするひとがいるようですが、そんなことをしても、保険金はもらえません。

そして、原因~過程、そして結果がついているものでなければ保険金をうけとる事は難しいのです。
なので、気の根っこに躓いて、転んで、骨折をしたなどという場合には保険金がでますが、喧嘩をして殴られて、骨折したという場合には保険金は出ないのです。
保険金を受け取るにも保険の情報が大事ですね。

生命保険の保険金額

あなたにはお子さんがいますか?
お子さんがいる家庭では「子供が小さいから死亡保障が充実している生命保険に加入してるんです!」なんていう人もいるのではないですか?
はたして、子供が小さいから死亡保障が高額の生命保険を・・・で本当にそれでいいのでしょうか。
確かに、一番稼いで子供を養っている父親がいなくなってしまえば家族は慌てると思います。
当然、これからのお金はどうするんだろう、生命保険には加入していたっけ、と考えますよね。
けれど、よく考えてみてください。あなたの周りにかぎって考えもらってもかまいません。
父親が亡くなって母親だけで暮らしている人は、そんなにたくさんいますか?

もちろん、視野にいれておいたほうがいいことではあります。
もしも、近いうち父親が死んでしまったら・・・母親が死んでしまったら・・・
考えるのはいいことです。ですが考えすぎはダメだと思います。

それに、父親が死んでもいきなりぱったりと収入は無くなりません。
生命保険加入以外に助けになるものとして遺族年金や健康保険埋葬料などの公的な保障もありますし、その辺りを良く考えて必要な分だけの保険に加入した方が賢いとは思いませんか?
保険のことでまよったら保険相談無料をしてみては如何でしょうか。
東京の方は保険相談 東京がおすすめですよ。

個人年金保険の受け取り方 3

個人年金保険に加入しようと思っている人はたくさんいると思います。
ですが、色々なわからない事が沢山あって、どうしようかと迷っている人もいるのではないでしょうか?
この個人年金保険で厄介なのは、年金(保険金)の受け取り方ではないかと私は考えているのですが・・・
なぜかというと、この個人年金保険というのは受け取り方がいろいろあってややこしいのです。
(そんな私も保険の勉強をしている時に頭が痛くなるくらい悩みました^^;)

ここでは、個人年金保険の受け取り方の一つである「保障期間付終身年金」についてお話したいと思います。
この保障期間付終身年金と言うのは、まず、保障期間を決めるのです。
そして、この決めた保険期間の中ならば自分が生きている時はもちろんの事、もし死んでしまった場合でも保険金が受け取れるのです。
そして、これだけでは「終身」の意味が無いので、保険期間が終わっても生きているのなら
そこからなくなるまで年金(保険料)が保障されるのです。
如何ですか?
これならば、あなたも安心して個人年金保険の保障期間付終身年金に加入できるのではないでしょうか?
保険相談や自動車免許

個人年金保険の受け取り方 2

あなたは個人年金保険というものを知っていますか?
この保険はとても便利な保険なのですが、この年金(保険金)の受け取り方がたくさんあってとても分かりにくいので多くの人たちがよく理解できなかったりするのです。
けれど、そのままにしておくのはいけないのできちんと理解をしたいですよね?
ここでは、個人年金保険の受け取り方のひとつである「終身年金」というのについてお話したいと思います。

終身年金というのは年金(保険料)を受け取る人が生きている限り年金(保険料を)払い続けてもらうことの出来る制度なのです。
終身保険というものがありますよね?それの年金バージョンだと思ってください。

そして、この年金(保険料)が払われなくなる時は、年金をもらう人が亡くなったときです。
なので、老後を安心して過ごせると思いませんか?
お金がなくて、大変な思いはするかもしれませんが、必要最小限のお金はもらえるわけですから、
お腹がすいてどうしようもない・・・と言う事にはならないのではないでしょうか?

けれどやはり、ずっと払い続けてもらえる訳なので他のものよりは多いお金を出さなければいけません。
保険見直し相談で節約

個人年金保険の受け取り方 1

あなたは老後の年金保険のために個人年金保険に加入していますか?
やっぱり、老後の心配というのは殆どの人がもっているものではないでしょうか。
老後に働けなくなって、お金が無かったらどうしよう・・・老後はどうやって暮らしていけばいいのだろう。
そんなふうに考えるのは人ならごく普通で当たり前のことではないかとわたしは思っているのですが。
みなさんはその時に備えて個人年金保険のような保険に加入していますか?

さて、個人年金保険の年金(保険金)には、受け取り方が多数あります。
それが良くわからなくて困っているなんて人も多いのではないでしょうか?
(私自身も、初めは理解していたつもりなんですが、時が経つごとに忘れていってしまいました。)
ここでは、かずある払い方の中の確定年金という払方についてお話したいと思います。

確定年金とは、年金(個人年金保険の保険料)を受け取る期間を初めに契約の時決めてしまうのです。
そして、その決めた期間の中ならば生きている時はもちろん年金をもらえますしもし亡くなってしまっても保険金を貰う事ができるのです。
普通は長期でもらうのではなくて5年くらいで全てもらう様に契約します。
生命保険加入なら保険相談

個人年金保険の支払い方

あなたは個人年金保険に加入していますか?
もうそろそろ年金が入ってくるわ、なんて人もいると思いますが・・・
あなたは、自分がどういう契約にしたのか覚えているのでしょうか?
もしかしたら中には「この受け取り方ってどんな風に受け取れるんだっけ」なんて人もいるのではないでしょうか?
ここでは、かずあるうちの一つの保障期間付き有期年金についてお話したいと思います。

さて、保障期間月有期年金にしている人も多いのではないでしょうか。
実際に私の周りでも個人年金保険に加入する時、受け取り方を保障期間月有期年金にしている人がちらほらと見受けられます。
そんな保障期間付き有期年金とは、どんな支払い方なのでしょうか。

まず契約した時に受け取りの保障期間と保険期間という物を決めておきます。
例えば、60歳から80歳までが保障期間で90歳までが保険期間にして受け取るという風にです。
そうした場合は60歳から80歳までは生きていても死んでしまっても保険金が支払われるのです・
そしてもし死んでしまった場合は80歳から90歳になるはずだった10年間の年金はもらえないのです。
保険の相談してみませんか。

 

個人年金保険の種類

あなたは個人年金保険に加入しようとした事はありますか?
もしかしたら、今加入しようとしているけれど、どうしようか悩んでいる・・・なんていう人もいるのではないでしょうか?
だって受け取り方とか何個もあって良くわからなくなってしまって・・・という人もいるのでは?
そうなんです!個人年金保険の支払い方のはいくつもの種類があるのです。
ここで、ごちゃごちゃしてきてしまう人も多いんです。
それでは、ここではその中の一つの有期年金についてお話しましょう。

有期年金とはまずはじめに契約する時に保険期間というものを決めるのです。
(○歳から○歳まで年金を払いますよ。と決めるということです。)
その保険期間の間、ずっと生きていられれば保険金(年金)が全て払われるのです。
ではもし、途中で死んでしまったとしたらどうなってしまうのでしょうか?
その時は残念ですが、そこで払われるのがストップしてしまいます。
どんなに保険金が残っていても、そこで終了です。

この保険に加入するのは一人身の人が多いと言います。
保険金を残す必要があまり無い人はこの有期年金ですますそうです。
保険相談で保険の見直ししてみてはいかがでしょうか。

癌保険の注意点

癌保険には、注意点があるのはご存知でしょうか?
中には知らない人もいるのではないでしょうか?
普通の保険と癌保険には違うところがあります。

普通の保険と違うところは、「癌保険に加入してすぐ癌が見つかっても適応されない」という所です。それでは、少し詳しくお話していきますね。

癌保険に加入して1ヶ月経ったとき、あなたに癌が見つかったとします。
そこで「癌保険に加入しているから安心!」とはなりません。
その時、保険はまだ適応されないのです。
なぜ癌保険に入っているのに保険が適応されないのでしょうか?
その理由は、癌保険というのは保険に加入してから一定期間が過ぎないと適応されないシステムになっているからなのです。

では、一定期間とはどれくらいの期間なのでしょうか?
一般的には「90日」は保険が適応されない期間なのです。
なので91日目からは、普通に保険が適応されます。

なので、その事を覚えていなくて2ヶ月より前に癌が見つかってしまったら保険は適応されずに全て自分で治療費を払わなければいけなくなってしまうのです。
生命保険 任意保険ならこちら

癌保険は絶対必要?

癌保険に加入している人は、普通の生命保険に加入している人よりも少ないのが現状です。
それは、何故でしょう?
理由は簡単なんです。ただ単に「私は癌にならないと思う!」って人が多いからなんです。
私はいつも、その自信は何処から出てくるの?と思ってしまいます。

どうして、そう思うのかを聞いてみると
・身近な人にに癌の人が居ないから癌になる人ってそんなに居ないんじゃない?
・癌になるのってお酒とかタバコとかが原因なんじゃないのかな?
なんて答えが返ってきます。

では、実際はドレくらいの人が癌になっているのでしょうか?
なんと「3人に1人は癌になっている」のです。
つまり、5人家族ならその中で1人は癌になっていても可笑しくはないのです。

あなたが想像しているよりとても多くはありませんか?
この結果を見たら癌保険が必要だと感じる人がたくさんいると思います。もし、癌になってしまった時とても高い治療費を出さなければいけないことも考えてみてください。

自ずと「癌保険に入ろう」という気になりませんか?
保険見直しと保険相談がいいですよ。